ドライアイは治せるの?

PCやスマートフォンなどで目を酷使する現代人も多いため、ドライアイの症状を訴える人が急増しています。ですからドライアイの研究はとても盛んにおこなわれていて、眼科に行けば劇的な成果が出ることも多いです。眼科に行けば、ドライアイなのかもしくは別の病気が潜んでいるのかを知ることもできるので早めに受診しましょう。
続きを読む

コラーゲンドリンクで最も人気がある商品はどれ?

コラーゲンは美を考える人にとっては必須アイテムとも言えるものとなっているようです。特にコラーゲンドリンクは自分の舌で味を知りながら鼻でニオイを感じながら自分の体の中に摂り入れることができるので大きな人気となっています。そんなコラーゲンドリンクもかなりのメーカーから商品が出されています。いざ、コラーゲンドリンクを飲もうかと思っても、どのコラーゲンドリンクにしたら良いのか悩んでしまうほどです。
続きを読む

アスタキサンチンを効率よく摂取するには?

健康にも美容にも効果が期待できるアスタキサンチンですが、アスタキサンチンは赤い色素で赤い身をした魚介類や甲殻類に多く含まれていることで知られています。そんなアスタキサンチンを体に摂り入れようとアスタキサンチンが含まれている食物で摂ろうと思うと鮭なら6切れ、イクラなら丼に2杯程度摂らないと十分な量を摂ったことにはならないと言われています。
続きを読む

50代女性がプラセンタサプリはどれ?

50代女性がプラセンタサプリを選ぶとすれば、おすすめなのは、スノーヴァです。即効性を体感することができます。スノーヴァは、国産のプラセンタを使用していて、8種の美容成分を配合しています。これ1つでトータルケアができる優れモノのサプリで、美容に関して諦めたくない人におすすめできます。50代女性でも十分に効果を実感することができるサプリで、エイジングケアをしていきたい人にピッタリです。
続きを読む

アミノ酸が摂取できる食品

アミノ酸が摂取できる食品と言えば、鶏卵、牛乳、豚肉、牛肉、鶏肉、あじ、さけ、かつおなどがあります。チーズ、そば、ベーコン、しじみなどにも沢山アミノ酸が含まれています。他にも、大豆、キウイ、さつまいも、昆布、いか、くるまえび、とうもろこし、しいたけなどにも比較的アミノ酸が多く含まれています。
続きを読む

ニキビに悩む人におすすめの洗顔法

ニキビができやすいという場合は、肌の常在菌であるアクネ菌が悪さをしている状態です。まずは、大人ニキビなのか思春期ニキビなのかによって洗顔法を検討しましょう。大人ニキビの場合には、肌が乾燥して毛穴が硬くなって閉じなくなり、そこに古い角質やメイク汚れなどのアクネ菌のエサになるものが詰まった状態で起こります。 続きを読む

目元のしわがある人とない人の違いとは?

目元のしわがある人とない人の違いはどこにあるのかというと、普段からしっかりスキンケアをしているかどうかです。この差で大きく違いが出てきます。目元のしわが目立たない人は、普段から保湿ケアや紫外線対策をしっかり行っているものです。そして、規則正しい健康的な生活を送っているものです。逆に、目元にしわがある人は、そうした心配りがありません。
続きを読む

妊活におすすめされているサプリの成分

妊活時期に飲むと良いと言われているサプリンメントがあります。それは妊娠しやすい体を作るということを目的としていることと、妊活中に赤ちゃんができた時に胎児にとって有効となることを目的としています。妊娠しやすい体作りに有効と言われているのはマカです。マカのサプリメントは卵巣・子宮周りの血流を良くすることとホルモンバランスを整える事が可能と言われており、妊娠しやすい体へと導いてくれるサポートを行ってくれるのです。
続きを読む

水素を摂取できるサプリメントの特徴

水素サプリメントは水素を固定化して体内に取り入れるように作られているので、いつでもどこでも手軽に水素を摂取できるのが大きな特徴です。 水素水なら毎日2リットル位飲み続けなければいけないので、水分補給をあまり必要としてない人にとっては水素サプリメントの方がおすすめです。水素の成分は主なものとして、精製岩塩、フラナガン水素、ゼオライト、サンゴカルシウムで、形状はカプセルや錠剤です。
続きを読む

にんにくサプリでは疲労回復はできる?

にんにくサプリで疲労回復はできるのでしょうか。活力補充のために、にんにくサプリを使っている人は多いのですが、果たして疲労回復に効果があるのかというと、疑問があります。しかし実際に、にんにくサプリで疲労回復は可能です。にんにくの香りの元になっているアリシンという成分が疲労回復に効果を発揮してくれます。なぜにんにくサプリで疲労回復かできるかというと、アリシンは体内でビタミンB1と結合するとアリチミンという成分に変化し、体中の毛細血管を巡る血流が改善されるからです。
続きを読む