口臭を予防する歯の磨き方

口臭を予防するためにできることはたくさんあります。食後の歯磨きはもちろん大切で。そしてそれ以外、朝起きてからと就寝前にも歯を磨くとより口臭を予防することができるでしょう。特に朝起きた時の口腔内は細菌が最も多いタイミングですから、たとえ朝食を食べない場合でも必ず歯磨きをするようにしましょう。口臭を予防するためには、歯間ブラシも上手く利用するのがおすすめです。歯と歯の間に歯ブラシではとりきれない汚れや食べかすがたまってしまうことがあります。歯間ブラシを歯磨きの際に利用し、常に細かい汚れもなくしておくことが口臭を予防することに大きく役立ちます。液体ハミガキも併用すればより安心できます。そして、うがいは緑茶で行うと口臭を予防する効果が高いのです。緑茶に含まれるカテキンは細菌の繁殖を抑える効果があります。口臭は舌も磨くことでかなり効果が高まります。ただしこの場合、普通の歯ブラシで磨くのは避けましょう。舌用のヘラがありますから、それを購入して定期的に使用するのがおすすめです。舌の見た目も綺麗になります。